当日診療受付からのお知らせ

発熱・咳嗽・咽頭痛などの感冒症状出現時の診療方針について
(令和2年4月7日更新・改定しました)
⇒詳細はこちら

コロナウイルス感染症の流行に伴い、感冒時の受診でお困りの方が多くいらっしゃるので診療方針についてお伝えさせていただきます。

定期的に受診されている方は、まず電話にてご連絡ください。 基礎疾患を考慮して方針をお伝えさせていただきます。
電話連絡をいただいた際、対応可能であればすぐにお話しいたしますが、診察中の場合は折り返しご連絡させていただきます。

初診の方は、コロナウイルスに感染された患者さんとの接触が疑われる場合、もしくは多数の方が密集するような環境に行かれた経緯がある場合、海外から帰国された方などは、帰国者・接触者相談センター(045-664-7761:対応時間は午前9時から午後9時まで、土日祝日を含む)にまず連絡し指示を仰いでください。診察に至るまでの感染経路の確認・把握のステップとお考えいただければと思います。

また、現在の診察状況ですが、感染症指定医療機関においてコロナウイルスと診断された患者さんはおりません。
診察の際は、予約順番の直前でお越しいただければと思います。
問診票の記載は接触感染のリスクを考慮して中止しておりますので、診察室で直接症状をお伝えください。診察の待ち時間の短縮、多人数の待合を避けるため、診察時間も短時間で終了するよう心がけております。
待合室は天井の窓も開放しているため、朝晩は寒い場合がありますが、密室を防ぐためにもご理解お願いいたします。

感染拡大の防止のために、手洗い、手指消毒の励行、マスクの着用をお願いいたします。

一覧へ