当日診療受付からのお知らせ

スギ・ハンノキによる花粉症、アレルギー性鼻炎・結膜炎について
(2月17日更新)
⇒ 詳細はこちら

スギ花粉によるアレルギー性鼻炎、結膜炎を発症して受診される患者さんが増えております。1月下旬から症状出現している方もいらっしゃいます。2月下旬からスギ花粉の飛散が急激に増加すると思われます。
アレルギー性鼻炎は、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が一般的です。気管支喘息のコントロールや口腔アレルギー症候群(果物や野菜を食べたときにおこる口の中のしびれや違和感)などとも関連しています。
治療に用いる抗アレルギー薬、点鼻薬、点眼薬は多種存在しており、個々に特性を持っています。アレルギー性鼻炎は鼻汁・くしゃみ、または鼻閉など、症状に応じて使用薬剤が異なる場合があります。
当クリニックでは、抗アレルギー薬の内服薬や、点眼薬・点鼻薬の併用により治療にあたっており処方時には、その特性を説明し、処方しております。また、採血によるアレルギー検査は随時行っております。

一覧へ